SOMPO介護職より、これからは、訪問介護でしょう。 『訪問介護のサ責(正社員)は副業〜。』正業、何やろうかなぁ。

介護士の転職・副業・お得情報

僕のブログでアクセスが一番多いのは、SOMPO介護面接の記事です。

転職斡旋会社からの紹介で面接していただきましたが、還暦おじちゃん・身体介護ほぼ未経験のわたしゃ、採用されませんでした。

給与やその他の労働条件は、他施設(箱物)と比較して良いと思います。

でも、障害者向け訪問介護事業所の方が、給与も自由度も将来性もあると思います。

外勤ヘルパーで”たくさんサービスを入れて稼ぐ“のもよし、夜勤専従で大稼ぎするもよし、還暦おじちゃんヘルパーはサービス提供責任者兼務で年収400万でよし、若い人は事業所の管理者を目指して将来取締役になるもよし。

そして、大切なこと。⬇️

ご利用者様とご家族に1対1(Face to Face)で接することが出来る喜び。

多様な選択しがあります。

僕は施設(箱物)では、もう働けません。

年収とやり甲斐、自由度(今と将来の選択肢がある)があるからです。

大手の介護系会社に転職するのも良いと思います。

でも、多くの介護職が嫌がる障害者の訪問介護事業が、全てを満たしてくれますよ。

介護福祉士の資格が有れば。

障害者福祉サービスに実際に携わってみて思うことがあります。

次回から少しの間、そのことを中心に記事をアップしていきます。

世の中、いつもの様に、先入観や偏見で、損をする。

飛び込んでみたら違う。

障害者の方=身体障害

障害者の方=身体介護➡︎大変な介護

障害種別

1.身体障害

2.知能障害

3.精神障害

4.難病(ALS、筋ジストロフィーなど)

ヘルパーのサービス内容の半分以上は、家事援助なんです。

では〜、次回の記事をお楽しみに。

コメント